スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
はじめまして
はじめまして。りぼんと申します。
うつ病と診断されメンタルクリニックに通い始めて3年目の夫を持つ主婦です。いったんは薬で良くなったこともあり、最初は完全に本人任せ医者任せでした。しかし、その後会社に行けないほどに悪化したことをきっかけに病気について必死で調べ、二人三脚で回復を目指しました。サプリメントを中心にいろいろと取り組んだところ、今ではすっかり元気になり、現在主治医の指導のもと減薬中です。
途中、私自身も「眠れない、食欲が無い、体が重い、人に会いたくない、電話やメールもできない」といううつ状態になり、夫やうつ病を患う方のつらさが少しは理解できました。
うつが治った今思うことは、うつを治すには薬も大切だけれど、生活や環境を見直す必要があるのではないかということ。ビタミン不足や鉄不足、糖分の摂り過ぎがうつの原因になることがあるなんて
病気になる前はまったく知りませんでした。

栄養や睡眠、日光など、治すためにはこれって大事だなあって実感したことを、これから振り返って綴っていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト
[ 2008/05/25 22:20 ]

| 未分類 | コメント(8) | トラックバック(1) |
うつのきっかけ
夫の調子が悪くなったきっかけは会社でした。それまで何の問題もなくいきいきと働いているように見えました。時には愚痴をこぼすこともありましたがその内容は深刻なものではなく、「なんだかんだ言っても仕事が好きなのね」と思っていました。家でも仕事に役に立ちそうな勉強をしたり考え事をするのが好きで、気分が乗ると夜遅くまで実験まがいのことをしていることもありました。

夫は工場で技術の仕事を担当するサラリーマンです。中小企業のせいか担当する仕事の範囲が広く大変そうに見えることもありましたが、上司や同僚からの評価も高く(本人は「みんなの勘違いだよ、買いかぶり過ぎだ~」と言っていますが・・・)、頑張り甲斐はあったと思います。

そんな夫がある日「俺、うつかもしれない・・・」と言い出しました。疲れた顔をしていました。2005年秋の初めのことです。親会社から来たばかりの役員に更なる努力を求められ、「今だって頑張っているのにこれ以上どうしろっていうんだろう?」という思いが頭の中をぐるぐると巡ったのをきっかけに、心がすーっとうつの穴に落ちていってしまったようなのです。「2、3週間前に来た人間に何が分かるっていうんだ!」と役員に対して怒りが沸くと同時に、夫に対しても「仕事をしてれば理不尽な要求なんて常なのに、どうしてこんなことくらいで・・・。」とも感じました。

3日後会社を休んだ夫は、近所にあるメンタルクリニックに一人で出かけていきました。診断の結果は自律神経失調症。精神安定剤とスルピリド
(胃やうつの薬)をもらって帰ってきました。私は病名がうつ病でなかったことにほっとしました。自律神経失調症という響きに、なんとなく、比較的軽いそれほど心配のない病気という印象を持ちました。実際夫の状態は薬を飲むとすぐに良くなり、まじめな性格の夫は服薬をかかさなかったので、その後半年以上何の問題もなく時が過ぎていきました。それに、その頃の私は幼い子どもを抱え子育てだけでいっぱいいっぱい、薬が必要とはいえ体調に問題のない夫のことにまで気が回っていなかったのです。



ブログランキングに参加しました。よろしければポチッとお願いします。
FC2 Blog Ranking
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[ 2008/05/26 20:32 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
うつ病になるまで
家族の平穏な暮らしに変化の兆しが見え始めたのは、2006年5月、ゴールデンウィーク明けのことでした。その年、夫は入社以来最高に仕事が忙しい年を迎えていました。会社は9連休のはずのゴールデンウィーク中も、夫はほぼ毎日出勤していきました。朝7時半には会社に着き、夜8時近くまで働いていたのです。

思い返すとあの頃、休日の外出は買い物程度で、どこかに遊びに出かけることはありませんでした。夫の会社は週休二日制のはずですが、その年の夫は休日出勤が多く、休みは週に一度程度。当然疲れて遠出をする気が起きないわけです。それでも、「30代の働き盛りだもの、みんなこんなもんだろう」と思いましたし、「時間外手当てで収入が多くなったから、まあいいか」とも思っていました。

ゴールデンウィークが過ぎた後も相変わらず残業・休日出勤が続き、夫の疲労が積もった頃、体の不調を訴えるようになりました。「疲れているのに睡眠が浅く、何度も目が覚めてしまう。体が重い・・・。」と。6月、月に一度通っていたメンタルクリニックの主治医に相談すると、今まで飲んでいたものと同じ薬のまま量を増やして様子を見ることになりました。

夫の体調は7月になっても戻らず、主治医に話すと薬を替えてみようということになりました。それまで2種類だった薬を3種類(アモキサンという三環系抗うつ薬とスルピリド、それから抗不安薬も別のものに替えました)にし、朝昼晩の一日3回飲むことにしました。新しい薬はとても効果があったらしく、やる気が戻った夫は明るい顔になりました。しかし、なぜかそのすばらしい効果は2、3週間で終わり、その後は悪くも良くもなくまあほどほどといった感じでした。

8月に入りお盆の頃がその時やっていた仕事のピークでした。3月初旬に始まって8月末までが期限の仕事です。お盆休みということで会社は長いお休みでしたが、夫は2日ほど休んだだけで後は働いていました。一緒に働く仲間も同じように働いていたため、疲れたからといって自分だけ弱音を吐けないと思っていたようです。体は疲れていたようでしたが、精神面はそれほど問題なく見えました。

9月初旬、やっと仕事が一段落してほっと一息ついたというのに、夫は目に見えて調子が悪くなっていきました。残業も休日出勤もほとんど無く、しっかり体を休めているのにもかかわらずです。そのことに焦って、もがいていたのかもしれません。整体に行ったり、水泳などの運動してみたり・・・。でも良くなるどころかどんどん生気がなくなっていくような感じでした。9月中旬、とうとう会社に行けなくなりなりました。トイレ以外は起きられず、寝ているだけになってしまったのです。主治医の診断は「うつ病」。休職を勧められました。

ブログランキングに参加しました。よろしければポチッとお願いします。
FC2 Blog Ranking
[ 2008/05/29 23:33 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
現在の夫の状態
夫の今の状態を報告します。

おかげさまで、ここ数ヶ月はは体調も良く、うつ状態になることは全くありません。ただ、発病前ほどの体力がないので無理をしないよう心がけています。遅くとも11時~11時半の間に布団に入るようにし、仕事も無理の無い範囲で。残業や休日出勤は以前の三分の一程度でしょうか。配慮してくださっている職場の方々には感謝しています。

4月上旬から薬を減らし、朝にスルピリド(商品名はドグマチール、アビリット、ミラドールなど。うつ病や胃潰瘍の治療薬)50mg1錠とトリプタノール(成分はアミトリプチリン塩酸塩。第一世代の三環系抗うつ薬)10mg1錠、夜にスルピリド50mg1錠とトリプタノール25mg1錠を飲んでいます。減薬後、特に体調の変化はありません。

毎朝、マルチビタミンミネラルのサプリメントとプロテインを飲んでいます。ホスファチジルセリンとフラックスシードオイルのカプセルは飲んだり飲まなかったり。夜寝る前には酵素飲料(植物発酵エキス)を飲みます。口に入れるものなので品質にはこだわって選んでいます。サプリメント代が月に15,000円くらいかかりますが、多い時には月30,000~40,000円かかっていたのでこれでもずいぶん安くなりました。(とはいえ安月給のため正直大変ですが・・・)

コーヒー、アルコールは控えていますが、ごくたまに飲むこともあります。お菓子やパンもめったに食べません。

週に2回、スポーツクラブに行って水泳をしています。

日光を浴びるため、天気のいい日はなるべく昼食後に会社の周りを散歩するようにしています。時間は5分程度です。

しばらくは今の生活を継続したいと思っています。
サプリメント等の詳しい説明については、また改めて書きます。

ブログランキングに参加しています。よろしければお願いします。
FC2 Blog Ranking
[ 2008/05/30 19:45 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
ありがとうございます!!!
今パソコンを開いたら、どなたか拍手のボタンを押してくださっていました。私にとっては初めての拍手、すごくうれしいです。生まれて初めてブログなんてものを書いていますが、本当は文章を書くのが子どもの頃から苦手なんです。だからとっても励みになりました。読んでくださる人がいるんだなあって。もう二度とこのブログに来てくださらない可能性もあるけど、もしも目に留まる機会があればと思って記事にしました。どうもありがとうございました!
[ 2008/06/01 08:48 ]

| 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) |
うつについて調べる日々
2006年9月、会社に行けなくなる少し前、日に日に悪化していく夫を私はつらい気持ちで見ていました。食欲が無くあまり食べられないのも心配でした。グータラ主婦を自認する私が、あの頃だけは頭の中が食事作りのことでいっぱい。夫の洩らす「アレなら食べられるかな・・・」に反応して毎日のように買い物に出かけて行ったのです。(今はすっかりまとめ買いに戻りました。)でもいくら夫の好物を作っても、たいして食べてはくれませんでした。あまり食べられず、ぐっすり眠れず、気力も体力も無くなって無表情になっていく夫。なんとかして楽にしてあげたい。そう思った私はインターネットでうつについて調べ始めました。

子どもを産んだばかりの頃、私はインターネットに大いに助けられました。助けられたどころかインターネットのおかげで子育てできたと言っても過言ではないくらいです。私の母は20年近く前に他界しました。姑は私と子育てについての考え方が全く合わず、相談できる状態ではありませんでした。
例をあげれば、
「私は完全母乳派、姑はミルク派(母乳よりもミルクが優れており、母乳は3ヶ月を過ぎたら栄養なし)」
「抱き癖大歓迎の私、抱き癖つけるなの姑」
「離乳食はゆっくりめでOKの私、多少嫌がってもどんどん食べる練習させるべしの姑」
「人見知りのひどい我が子に、子どものペースを大事にし無理をさせたくない私と、母親の姿を見せずあきらめるまで泣かせれば治ると言う姑」
等ことごとく反対。双方歩み寄ることができませんでした。
そんなわけで、子育ての疑問も心配事もインターネットで調べることで解決してきました。

「うつ病ってなんだろう?」「うつの人の気持ちを理解したい」「この薬はどんな薬?」何よりも「どうしたら治るの?」 知りたいことはたくさんありました。子育てのときのようにどこかにヒントが載っているはずです。私は毎晩遅くまでパソコンの画面を見つめ続けました。
[ 2008/06/03 21:06 ]

| 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) |
「うつ病ドリル」との出会い
ある日の深夜、パソコンに向かう私の目が一つのサイトで留まりました。「うつ病ドリル」というサイトです。この出会いが私にきっかけをくれました。本当に感謝しています。

うつ病ドリル」はうつ病を克服した方が、「初心者用の啓蒙サイトではなく、闘病者用の本当の情報が必要である」との考えで作られたサイトです。「最新研究から見る正体・原因・治療法」、「うつ病回復マニュアル」などのコーナーがあり、サプリメントを利用して回復を目指すやり方が載っていました。こんな方法があると初めて知った私は、その晩、隅から隅までむさぼるように読みました。

私は幼い頃から母の影響で風邪薬や胃薬等の市販の薬をほとんど飲んだことがありません。どうしても具合が悪ければ病院に行き、処方された薬は飲みますが、そんなことは数年に一度あるかないかです。そんなわけで実は薬に少々抵抗があります。サプリメントに対しても、薬の子分のような印象を持っていたため良くは思っていませんでした。ついでに言うと栄養ドリンクもスポーツドリンクも苦手です。

だからこの方法を試すか試さないか本当に悩みました。サプリメントを飲んでさらに悪化したら・・・という心配、でもこのまま何もせずに見ているというのもつらい。私の出した答えは、「万が一悪くなっても私が責任をとって一生支える。賭けてみよう。」でした。薬とサプリメントの飲み合わせなどの心配事はインターネットで調べられるだけ調べ、うつ病ドリルで紹介しているリンク先のお店に注文を出しました。アメリカから送るので届くまで10日から2週間くらいかかるとのことでした。

注文して4、5日後のことです。夫は朝起きられず、会社に行けなくなりました。


[ 2008/06/05 23:05 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
マルチビタミンミネラルのご紹介
私たち夫婦が現在飲んでいる「マルチビタミンミネラル」のサプリメントを紹介します。

無添加無農薬、25種類のビタミンとミネラルがバランス良く摂取できるカプセルです。体調に合わせて夫は一日2~3個、私は1~2個を飲んでいます。プロ野球をはじめ、大相撲、ゴルフ、格闘技など各界の一流アスリートや芸能人などの食生活を指導している栄養アドバイザーでもある山田豊文先生(医学(分子栄養学)博士)が主宰する杏林予防医学研究所の開発検定商品です。

詳しくはこちらをご覧ください。成分・原材料等の説明が載っています。

送料無料


最初に飲んでいたアメリカの会社のもの(ベーシック・ミンデル・プラスとライフエクステンション・ミックス)もとても良い品だったのですが、
・注文してから届くまでに時間がかかり過ぎ、うっかり飲みきってしまわないよう在庫管理をしなければならないのが面倒
・原材料生産地、製造方法などの詳しい情報が知りたくても、英語ができないため調べられない
・価格が高い
などがあり、他に良いものがないか探していたらたまたま見つけました。

・原材料は天然抽出素材100%、オーガニック証明書付
・日本人のためのミネラルバランス(カルシウム:マグネシウムの比率を1:1 亜鉛:銅が8:1 葉酸:ビタミンB12が10:1など、日本人の特性を考えた栄養比率になっている)
・高いポテンシャル(3カプセル中ビタミンC500mg、葉酸400mg、セレン100mgなど高含有)
・手頃な価格
その他安心できそうな内容だったのでこちらに切り替えました。結構気に入ってます。



[ 2008/06/08 00:17 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。